メニュー

診断

咽喉頭異常感症(2018.07.04更新)
のどのつまり感を主訴に受診してくる患者も多い。風邪のようにのどの炎症もひどくなく、何も所見がないのに、のどのつまり感を訴える患者のことだ。このような患者を咽喉頭異常感症と昔から呼ばれてきた。これに対し… ▼続きを読む

風邪という診断名(2018.06.30更新)
普段の日常診療の中で特に注意しているのは、「風邪」という診断名を極力使わないこと。 最終的には「風邪ですね」ということもありますが、最初に考えるのは風邪ではない別の病気があるかもと、常に考えています… ▼続きを読む

上咽頭炎(2018.06.14更新)
鼻の一番奥、のどの粘膜の一番上の部分を上咽頭と呼ぶ。この部位が風邪のときに炎症を起こしやすく、その炎症が慢性化している人もけっこういる。上咽頭に炎症があると、そこにドロッとした鼻汁のようなものがへばり… ▼続きを読む

1週間以上長引く咳は風邪ではない(2018.06.14更新)
風邪で咳がでることは誰もが知っていることでしょう。しかし、その咳が1週間たってもとまらないとすれば、それは風邪ではありません。風邪から何か別の病気にかわったと考えるべきです。風邪だと思っている限りは、… ▼続きを読む

橋本病(2018.06.11更新)
橋本病という甲状腺機能低下の病気がある。日本人が見つけたので、このような名前がついている。けっこう多い病気で、既往歴に橋本病と書かれている人はかなりいる。 本日はそのような橋本病患者とのやりとりから… ▼続きを読む

急性扁桃炎(2018.06.10更新)
急性扁桃炎の原因はA群溶連菌だけであるから、迅速で溶連菌をチェックして陰性だったら細菌感染ではないから、抗生剤は必要ない。このようにはっきり書ききっている医学書がある。特に研修医向けの本に多く、医学に… ▼続きを読む

口腔内扁平苔癬(2018.06.10更新)
頬部粘膜に白いものがついていると受診した患者がいる。扁平苔癬とは思いながらも、自信がなかった。本人の希望もあり、口腔外科に紹介してもらいたいとのことなので、そちらに紹介状を書く。 扁平苔癬とはそもそ… ▼続きを読む

貧血と脳貧血の違いがわかりますか?(2018.05.27更新)
「貧血で倒れたことがあります。」 このような経験がある方も多いと思います。貧血という言葉がくせもので、医者がいう貧血とは血液中の赤血球が不足していることを意味します。一番多いのは、鉄欠乏貧血です。赤… ▼続きを読む

小児を知ると、大人の病気もわかる(2018.05.26更新)
小児科の領域ではごくありふれた病気であるのに、大人がかかるのは珍しいと言う病気がけっこうある。昔の内科医はたいてい小児も診察していたため、小児を通じて多くの病気を経験する。ところが、今の内科医は小児を… ▼続きを読む

風邪に抗生剤が必要ないというためには(2018.05.23更新)
風邪に抗生剤を出さないということはリスクを伴う。風邪のようで、細菌感染の合併しているケースはけっこう多いからだ。最近、風邪と思われるケースでも抗生剤が必要だという反例をいくつか集めている。そのようなケ… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME