メニュー

診断

急性心不全(2018.02.22更新)
大杉漣さんが急に亡くなりました。死因は急性心不全と発表されたようです。医療従事者であれば、この死因に疑問符が付く人も多いと思います。今時、急性心不全という死因はないと思っているからです。 というのは… ▼続きを読む

エコー(2018.02.20更新)
耳鼻咽喉科でエコー(超音波検査)を用いているところは少なく、あまり利用されていないのが実情です。 エコーの一番すぐれているのは、甲状腺の病気の確認です。甲状腺腫瘍は一発で有無がわかります。他にも甲状… ▼続きを読む

咳喘息試論(2018.01.31更新)
風邪のあとの止まらない咳、ひどい咳。とても多いのです。昔はこれを気管支炎と呼んでいたのです。もちろん、気管支炎という診断を否定するわけではないのですが、呼気NOを測定してみると、NOが高値がたくさんい… ▼続きを読む

喘息治療(2018.01.23更新)
当院には喘息の患者がたくさん受診する。喘息と言っても喘息発作を起こして受診するのではなく、ほとんどが咳を主訴にする咳喘息のたぐいである。どれぐらい受診しているのだろうかと思い、昨年12月のデータを調べ… ▼続きを読む

のどがつまる(2018.01.16更新)
昨日より、のどが詰まって少し息苦しい感じがしている。咳喘息の症状だ。 咳喘息と言うと、咳がするでしょうと考えられてしまう。たしかに、少し咳があるがそんなにひどくはない。ちょっと咳がでますというぐらい… ▼続きを読む

GERDによる慢性咳嗽(2018.01.14更新)
GERD(胃食道逆流症、逆流性食道炎と呼ばれる)による咳はむちゃくちゃ多い。慢性的な咳で受診する。あるデータによると、これに効く特効薬PPI(プロトンインヒビター)は2割ぐらいしか、効かないらしい。 … ▼続きを読む

インフルは検査に頼るな(2018.01.11更新)
家族がインフルエンザなり、同居の子供が発熱して休日診療所を受診しました。インフル検査したら陰性。家族にインフルエンザの発症者がいると言っても、受け入れてもらえなかったようです。翌日熱がひどいと当院受診… ▼続きを読む

胸部レントゲンをとらない医者(2018.01.10更新)
咳がとまらないと、当院を受診する患者が多い。それまでの経過をみていると、ほとんど共通している。風邪と言われて、抗生剤がでている。そして咳止めばかり出し続ける。だいたい、こんなものだ。 咳が1か月とま… ▼続きを読む

頸部リンパ節腫脹(2018.01.09更新)
首のリンパ節が腫れたと受診する人はけっこう多い。リンパ節かどうかは、耳鼻科医であればほとんどわかる。どうしてもはっきりしない場合は、自院でエコーをしてしまう。エコーをとることはほとんどない。触っただけ… ▼続きを読む

咳がとまらない患者(2018.01.05更新)
1か月ぐらい咳がとまらないという患者が来た。最近は発熱もあるらしい。まず気を付けなければならないのは、結核。胸部レントゲンをとると、肺炎所見が。 高齢者にはけっこう結核が多いというので、咳が続く場合… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME