メニュー

院長ブログ

風邪に抗生剤を出さないと、収入アップ(2018.02.25更新)
風邪で受診する人がいます。ただの風邪であれば抗生剤は必要ありません。ただ、むやみに抗生剤を出す医者も多いために、国はその規制をすることになりました。 それが今年の4月から行われる、診療報酬改定です。… ▼続きを読む

地元の医学会で最後まで勉強(2018.02.25更新)
地元の医学会に参加してきました。医師やコメディカルの発表会です。今回は自分の演題発表が最初にありました。その後帰ってもよかったのですが、せっかくだから最後まで聞いてきました。 耳鼻咽喉科の講演などは… ▼続きを読む

ただ今患者まち(2018.02.24更新)
すでに予約の患者もすべて終わり、時間があいてしまいました。10時21分です。 患者が来るのを待っている状態です。受付は12時半までですので、スギ花粉症の患者さんは今がチャンスです。薬をもらいにきてく… ▼続きを読む

本日午後は足立医学会で発表です(2018.02.24更新)
今日の午後は、足立区医師会主催の足立医学会で発表します。テーマは、「当院での扁桃周囲膿瘍の治療方針」です。 足立区内の医師やコメディカルたちが発表する企画ですが、毎回発表者が少なくて大変みたい。今回… ▼続きを読む

ヤブ薬剤師(2018.02.23更新)
副鼻腔炎で当院からワイドシリン(ペニシリン系)がだされた子供がいました。 某駅の東口の薬局(当院の下の薬局ではないです。西口ですから。)に親が処方箋を持っていったら、「ワイドシリンというのは、溶連菌… ▼続きを読む

男脳と女脳(2018.02.23更新)
「話を聞かない男、地図が読めない女」という本が以前にベストセラーになりました。記憶に残っている人も多いかもしれません。僕もこの本を読み、とても参考になりました。自分自身は男の脳であり、男性的な視線から… ▼続きを読む

喘息もスギ花粉症も血液検査で診断するのではない(2018.02.23更新)
多くの人が勘違いしているのですが、喘息も花粉症も血液検査で診断するのではないのです。 患者さんの中に、血液検査をしてもらっていないから、スギ花粉症と診断されていないと言う人がいるのです。スギ花粉症の… ▼続きを読む

タミフルの予防投与(2018.02.23更新)
自費診療になってしまうのだが、タミフルの予防投与という方法があります。インフルエンザにかかりたくないという理由で、タミフルの予防投与を求めてくる人がいます。実はこの予防投与にはいろいろな制限があるので… ▼続きを読む

ドーピング(2018.02.22更新)
うっかり薬を飲んでしまうと、ドーピングにひっかかり資格停止処分になる可能性があります。オリンピックはもちろん、国際大会あたりだと絶対にドーピング検査が行われます。最近は国内の大会でも行われているようで… ▼続きを読む

フィギアスケート発祥の地(2018.02.22更新)
日本のフィギュアスケート発祥の地は、仙台にあります。仙台城跡の堀、五色沼がそうだと言われています。明治23年にこの堀で、仙台在住の外国人が行ったのが最初だそうです。仙台にいるときは、この話をさんざん聞… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME