メニュー

院長ブログ

A型肝炎ワクチン(2018.09.03更新)

A型肝炎というのは、アジア各国では普通に流行している。経口感染を起こすため、アジアなどのA型肝炎が広まっている国に行く人は事前にワクチンをうつのが必須になる。そうでないと食べ物からでも容易に感染するからだ。

海外に行かない人は大丈夫と思われていたが、そうとも言えなくなってきた。日本にくる外国人で、国内発症例が増えてきたからだ。経口感染なので、そのような在日外国人からうつる可能性が高まっているのだ。日本人は海外にいく人ぐらいしかA型肝炎ワクチンを接種していない。つまり多くの日本人が免疫をもっていないのだ。一度A型肝炎にかかって発症すると、完治まではかなりの時間を費やす。ワクチンで防げる病気であるため、事前にうっておいたほうが望ましい。

当院ではまず希望する職員にワクチンをうつことにした。あわせて、一般患者へのワクチン接種も行っていく。1回7500円、全部で3回接種が必要である。希望の方は、申し出てほしい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME