メニュー

院長ブログ

気管支からの痰(2018.09.29更新)

今朝、咳をした。数日前から咳がではじめて、台風の影響なんだろうと思っていた。咳そのものはひどくはないので、ステロイド吸入を使わずに様子をみていた。ひどくなったら使おうと思っていたのだ。今朝、咳をしたとき、粘性の痰がでてきた。咳とともに気管の奥から出てくる感じだ。「あっ」ひらめいた。これは喘息の痰だ。

喘息の炎症反応は気管支で起こる。そこで痰がつくられる。あまりたまってくると、体の防御反応がでてくる。これが咳だ。咳そのものは、痰を外に排出しようとする体の反応である。その証拠に痰がでれば、咳はとまる。

患者さんに痰はでますか?

よくこの質問をするが、痰がでると言っている患者の痰が、本当の痰かどうかはわからない。後鼻漏と言って、鼻汁がのどに落ちてくるのを痰と言っていることも多いからだ。気管支からの痰は、咳とともに下からでてくる。自分の体に関して言えば、喘息の痰なのか、それとも別の痰なのか、だいたいは区別がつくようになった。

ところが、患者に聞くのはなかなか難しい。明確に区別ができる人が少ないからだ。喘息の炎症によるものなのか、違うのか、同じ痰と言っても原因は違ってくる。原因が違えば対応も違う。それが区別できるかどうかが、痰を正しく診られるかどうかのポイントにもなっていく。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME