メニュー

気象病

気象病という言葉を知っていますか?

気象の変化によっておこる体調の異常、さまざまな病気をさします。代表的な病気は次のようなものです。

喘息、メニエール病、めまい、頭痛、うつ病、神経痛、さまざまな古傷の痛み

主な原因は気圧の変化だと言われています。特に低気圧になるときに悪化することが多いのです。低気圧そのものがかなりのストレスになり様々なストレス状の症状も引き起こします。

古傷が痛むと雨が降る。関節痛が起こると雨が降る。

昔から、雨が降るのを予言できる人がいます。これは自分の体が気圧の変化(低気圧)を敏感に感じ取っているのです。特に台風は典型的なひどい低気圧ですから、台風の上陸に伴って、症状が悪化する人もかなりいます。

このような気象病予防には、低気圧の関知が必須です。

頭痛ーる」というアプリが気圧の低下による気象病を警告してくれますから、天気が悪くなると体調が悪くなる人はぜひチェックしてください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME