メニュー

急性扁桃炎

大人は風邪をひいても、あまり高熱はでません。38度以上の高熱がでて、のどの痛みが強いのであれば、急性扁桃炎を疑います。扁桃の表面に膿栓(のうせん)という白いぶつぶつができると扁桃炎を疑います。この膿栓は、細菌の塊です。軽い扁桃炎であれば、抗生剤の内服治療で大丈夫です。食事がとれないぐらい痛みが強いときには、抗生剤を点滴で入れます。これにより翌日には普通にご飯が食べられるようになります。

扁桃周囲膿瘍

扁桃の裏側に膿がたまった状態になると、かなり症状は重くなります。こうなってしまうと、抗生剤を点滴しただけでは治りません。腫れているところにメスで切り込みをいれ、中にたまっている膿を外にだします。これを扁桃膿瘍切開と言います。膿をだしてあげれば、あとは入院しなくても点滴で治すことができます。扁桃周囲膿瘍は入院しないと治らないと説明されることが多いのですが、当院ではほとんど外来で治療してしまいます。

慢性扁桃炎

扁桃炎を何度も繰り返す人がいます。特に喫煙者に多いのですが、このような場合には扁桃全摘術をすすめます。入院して両側の扁桃を取り除く手術をすることです。細菌が巣くう場所を取り除いてしまえば、扁桃炎を起こさなくなります。入院はだいたい10日間ぐらいだと思います。

扁桃のイラスト

扁桃に膿栓

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME