メニュー

反復性耳下腺炎

反復性耳下腺炎は、小学生ぐらいに多い。名前の通り、耳下腺炎を繰り返す病気である。この病気のやっかいなところは、耳の下の耳下腺が腫れるので、すぐにおたふくかぜ(ムンプス)と言われて学校を休まなければならないことである。ここに、ムンプスと反復性耳下腺炎の違いを表にまとめてみる

  ムンプス 反復性耳下腺炎
原因 ムンプスウイルス よくわからず
年齢 決まっていないが子供に多い 小学生に多い
発熱 あり なし
病側 両側 片側のみ
腫脹期間 1週間ぐらい 1~2日
周囲の流行 あり なし
治療法 なし 抗生剤をだすことあり
エコー 耳下腺が全体的に腫脹 内部に多発性円形状所見
抗体検査 IgM陽性 IgM陰性
登園・登校 1週間ほど禁止 登園・登校OK
合併症 難聴、睾丸炎、髄膜炎 特になし
予防法 ワクチン なし

おおよその目安です。見極めるのに採血検査が一番確実ですが、結果がでるまで数日かかるのと、ムンプスワクチンを打っているケースでは判定が難しいのです。このため、当院では積極的にエコーを使うようにしています。エコーで診断がつけば、学校を休まなくてもよくなるからです。これらをもとに総合的に判断します。

反復性耳下腺炎というのは、小児科の医師で知らない人がけっこうあるようで、耳下腺がはれるたびに、ムンプスだから休めと言われてしまいます。しかも、何度も言われるので、注意が必要です。反復性耳下腺炎であれば、人にうつさないので、休む必要がないからです。

ンプスについての説明はこちら

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME