メニュー

プール熱とは?(アデノウイルス感染症)

夏にはやる流行性のウイルス感染症です。ヘルパンギーナ、手足口病とともに、夏風邪と呼ばれます。昔、プールで泳いだのをきっかけに集団感染したので、プール熱と名前がついていますが、最近はプールでよりも、保育園などで人から人へ感染がひろがることのほうが多いです。ウイルスは、アデノウイルスです。このため、アデノウイルス感染症と呼ばれることのほうが多くなりました。

主な症状

  • 高熱
  • のどの痛み
  • 眼球結膜の充血、目ヤニ

経過プール熱の絵

38~40度の高熱が4日ほど続きます。のどの痛みもあります。目は充血し、真っ赤になり目ヤニがでます。ひどい症状になるので、登園・登校禁止になります。解熱後二日を経過するまでは、登園できません。医師による登園許可書が必要になります。

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME