メニュー

大学合格発表

[2018.03.12]

昔の大学合格発表は、掲示板まで見に行ったものでした。最近はインターネットで発表をみるような時代になりつつあるのかもしれません。先日東大の合格発表がありました。当然注目される発表なので、ニュースでも取り扱われたかもしれません。

自分が高校生のころの話です。東大の合格発表時、開門前からテレビ、週刊誌などのマスコミが受験生をとらえようと待機しています。開門と同時に、一目散に走りこんで掲示板を見ました。「あった。」大きな声で叫ぶと、マスコミにかっこうの標的になりました。このときの彼の写真が、某週刊誌の一面を大きくかざったのです。「東大合格者の喜び」のようなタイトルでしょうか。

実はその彼は、東大受験生でもなんでもなかったのです。高校2年生。目立ちたくてこの合格発表を待っていたそうです。開門かなり前の時間から並び、開門と同時に走る。あたかも、えべっさんの福男をねらっているかのような猛ダッシュです。もともと受験していないわけですから、掲示板の適当なところをさし、「あった」と大声をだせば、どの受験生よりも早いし、目立つはずです。彼は当然、マスコミインタビューの格好の的になったことでしょう。「一年間苦労して勉強したかいがありました。」このような涙を流した喚起に、だまされているのはテレビを見ている人たちかもしれません。

ちなみにこの話は彼の友人から聞いたことであり、僕の高校の生徒ではありません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME