メニュー

妊娠時の薬(2018.12.05更新)
医学生のころだった。病理学の授業で、「示説」というのがあった。病気でなくなった人の病理解剖結果をもとに、その人がどのような病気で亡くなったかを推理し、発表をするのだ。グループでとりくむために、学生たち… ▼続きを読む

抗菌薬適正使用(2018.11.12更新)
「風邪に抗生剤はきかない」 しきりにこの言葉が強調されている。しかし、医者の中には、患者さんの中にも、風邪のときに抗生剤を飲んだらよくなったと主張する人も多いことだろう。このギャップが事態を難しくし… ▼続きを読む

僕がマクロライド抗生剤を使わない理由(2018.10.05更新)
マクロライド系抗生物質は小児科、内科、そして耳鼻科でも盛んに使われている。クラリスがもっとも使用されていることが多いような気がする。今日はこのようなマクロライド系抗生物質の問題点を書いてみる。 僕が… ▼続きを読む

フロモックス、メイアクトの駆逐(2018.04.25更新)
第三、四世代のセフェム系抗生物質内服薬は、フロモックスとメイアクトがとても使われている。これらの抗生剤は日本で一番使われているのだが、そもそも腸管からの吸収率が悪く、抗生物質の適正使用が唱えられ、一番… ▼続きを読む

咳を抑える(2018.04.22更新)
自分自身も喘息もちだ。喘息とはいっても、若いころと違って、最近は息苦しくはならない。ほとんど、咳だけの症状で終わってしまう。 たまに呼気NOを自院で測定し確認することがある。咳もまったくでない快調の… ▼続きを読む

花粉症からの喘息悪化(2018.04.12更新)
火曜日の夜から水曜日にかけて、気圧の低下が著しい。このようなときには、喘息が悪化してしまう。 水曜日の外来診療は、喘息悪化による咳がひどくなってきた患者が多かった。咳喘息だけでも5~6人は受診した。… ▼続きを読む

花粉症患者の特性(今と昔)(2018.03.31更新)
花粉症の薬はドラッグストアに行けば簡単に手に入ります。これは今に限ったことではなく、僕が学生だったころから同じです。しかし、今と昔とでは大きな違いがあります。 昔は、ドラッグストアで花粉症の薬を買っ… ▼続きを読む

専門医の役割(2018.03.26更新)
スギ花粉症は耳鼻咽喉科が専門である。これに異を唱える人はほとんどいないことだろう。もちろん、目の症状に関しては眼科の医者のほうが詳しいし、皮膚のかゆみに関しては皮膚科の医者のほうが詳しい。しかし、スギ… ▼続きを読む

眠くならない薬を(2018.03.20更新)
車を運転するので、眠くならない薬をください。 スギ花粉症のシーズンはそのような人が続出します。アレグラなどの眠気がほとんどでない薬もあるので、車を運転する人にはいいでしょう。ただ、車を運転する人すべ… ▼続きを読む

点鼻薬のわな(2018.03.19更新)
スギ花粉症に点鼻薬をだすとき、いつも気を付けなければならないなと考えている。というのは、今の点鼻薬は使用回数が少ないものが主流だからだ。 今までの点鼻薬のイメージからすると、鼻がつまって苦しい時に使… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME