メニュー

院長ブログ

急性喉頭蓋炎は実はとても多い(2018.08.26更新)
致死的な病気、見逃してはいけない病気、それが急性喉頭蓋炎です。手遅れになれば死んでしまいます。 昔勤めていた病院の耳鼻科に、急性喉頭蓋炎で診察待ちの間に窒息し、植物状態になってずっと入院している患者… ▼続きを読む

百日咳(2018.08.24更新)
咳がひどいと受診する患者の中に、ときに百日咳がまぎれこんでくる。 別の内科で薬をもらっていたが、咳がひどいと当院を受診してきた患者。そこで抗生剤と喘息の薬を使っているが、よくならない。当院で初診時に… ▼続きを読む

検査と診断率(2018.08.23更新)
検査をすればするほど診断率があがる。しかし、検査をすればするほど患者さんの金銭的負担もかかる。この塩梅が難しい。 たとえば、「昨日より咳が出て熱がでました。」と患者が来る。のどなどの主なところをみる… ▼続きを読む

骨粗しょう症の治療薬(2018.08.08更新)
ビスフォスフォネート剤という骨粗しょう症の薬がある。高齢者が増えてくると、骨粗しょう症による骨折予防にとこの薬がだされることが多い。一方で、この薬が乳がんなどの治療にも使われている。 この薬を長期に… ▼続きを読む

EAT(Bスポット)療法の効果(2018.08.07更新)
1か月ぐらい前から、EAT(Bスポット)療法を本格的にはじめることにした。自分の手技に少しずつ反省しながら、またどんな治療に効果があるのだろうと考えながら行っている。今は試行錯誤しながらやっている状況… ▼続きを読む

咳はなぜとまらないのか?(2018.08.06更新)
咳がとまらないとき、どこの診療科に行きますか?内科、呼吸器科、耳鼻咽喉科? 咳がとまらない理由には、診療科の難しさがあるのです。どこでみるかがとても難しいのです。 咳の原因として、咳喘息がとても多… ▼続きを読む

プール熱(2018.08.01更新)
次は夏カゼのひとつ、プール熱に関してです。 プール熱というのは、夏の時期にはやるアデノウイルスによる感染症の一つです。熱がでて、のどが痛くなって、目が赤くなります。目とのどに症状がでるので、咽頭結膜… ▼続きを読む

上半規管裂隙症候群(2018.07.29更新)
最近耳鼻咽喉科領域で、「上半規管裂隙症候群」という新しい疾患概念をよく目にするようになってきた。めまいの病気なのかなと、あまり詳しくは知らないでいた。つい先日、耳を専門にする耳鼻咽喉科先輩医師よりメー… ▼続きを読む

心疾患(2018.07.27更新)
聴診器を使う医者は珍しい。開業し子供をみるようになってから、聴診器を使うようになった。とは言っても、ほとんどが喘息の喘鳴や異常呼吸音を確認するために使っている。子供はすぐに気管支炎や喘息を起こしやすく… ▼続きを読む

喘息の急増(2018.07.27更新)
昨日、木曜日の診療は、喘息患者がとても多かった。咳を主訴にする咳喘息が少なくとも10人は来たかもしれない。台風が近づいてきているので、気圧が下がりぎみなのであろう。今から台風が過ぎ去るまでの間、喘息が… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME