メニュー

東京都の補聴器助成について

身体障害者(聴覚障害)に認定されれば、補聴器の購入費用の補助がでる。これには、70㏈以上の高度難聴が必須になる。実はそこまで聴力が落ちる以前に、補聴器が必要になる人も多い。この補聴器の費用がバカにならないので、難聴があり補聴器が必要であっても、購入をためらってしまう人も多い。そのような人たちに、補聴器購入費用を補助する制度が東京にはある。これをご紹介したい。

中等度難児発達支援事業:児童(身体障害者手帳対象外)への助成

対象

  • 東京都に居住している18歳未満の児童
  • 両耳の聴力レベルが、30~70㏈まで
  • 補聴器の装用により、言語の習得など一定の効果が期待できると医師が判断するもの

 詳細は、東京都のページをご覧ください。これは都の事業です。

成人(身体障害者手帳対象外)への助成がある区

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、葛飾区、江戸川区

(詳細は各自治体にお問い合わせください)

成人(身体障害者手帳対象外)への助成がない区

世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME