メニュー

手足口病とは?

夏にはやる流行性のウイルス感染症です。ヘルパンギーナ、プール熱とともに、夏風邪と呼ばれます。

主な症状

  • 発熱手足口病の足、口手足口病のてのひら
  • 手・足・口の中・お尻などの発疹
  • 口内炎による口の中の痛み(食べなくなります)

経過

発熱は一日ぐらいでおさまることが多いのですが、口腔内の口内炎、舌炎ができるために、食事をとるのが大変になります。治療法はありませんが、1週間ほどの経過で改善します。症状がよくなれば、登園、登校は可能です。

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME