メニュー

扁桃周囲膿瘍の治療成績(当院)

H26年10月1日~H29年9月30日までの扁桃周囲膿瘍(32例)

基本的には、外来での点滴治療でほぼ治せるが、何らかの合併症がある場合や、本人が体力的に弱っている場合などには、すぐに入院をすすめることもある。本人が入院したくないという希望があれば、点滴にて完治をめざす。

治療 患者数
すぐ紹介入院 6例
外来点滴 26例

治療をしないですぐに入院、6例。外来で点滴治療(切開、穿刺あり)26例。

すぐに紹介したケースは、糖尿病などの合併症があった場合、食事がとれない期間が長期に至っていた場合、また本人の入院希望による。

外来点滴例 患者数
治癒 24例
治癒せず 2例

外来で点滴し完治した24例、治癒せず2例。

治癒しなかったケースは、大病院に紹介。1例は、一回点滴したのみで、本人が入院したいと訴えあり、入院に切り替える。

もう一例は、仕事で都内に来ていた。5日間点滴を続け完治をめざす。途中二度の扁桃膿瘍切開するが、よくならず。

地元に帰ることになったため、そちらの病院に紹介をすることになる。

点滴日数 患者数
1日 7例
2日 10例
3日 5例
4日 2例
5日 2例

点滴にかかった日数は、2日以内が多い。点滴ケースは、点滴に通院できることが最低条件になる。

点滴後は、抗生剤の内服治療は継続する。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME