メニュー

川崎病とは?

川崎病の手の写真

川崎病の子供の手

高熱で発症することが多いため、最初は風邪と言われるケースが多いのです。下記のような特徴的な症状がでてきたら、川崎病を疑います。また、高熱が続くときにも疑います。疑った場合には、躊躇なく小児科のある病院での入院が必要になります。緊急性を要します。高熱が5日以上続いた場合には、「風邪だから大丈夫」とは、言えません。この点をご両親も覚えておいてください。全身に血管炎をおこし、心臓の動脈瘤破裂で亡くなる可能性があります。病気の原因はよくわかっていませんが、早期に治療をすれば、救うことができます。手遅れにならないことが大切です。

主な症状

  • 5日以上続く発熱(39~40度)
  • 赤い発疹
  • 手のひらや足の裏が赤くむくんで硬くなる
  • 唇があれる、舌が赤くぶつぶつになる(イチゴ舌)
  • 目の充血
  • 首のリンパ節腫脹

経過

川崎病のイラスト

川崎病の主な症状

このようにすべての症状がでそろえば、診断もそれほど難しくはありません。症状がいくつかしかなくても疑ったら、すぐに小児科の病院に紹介します。手遅れになると亡くなってしまう病気なので、できるだけ早く治療を開始することが必要になります。決してまれな病気ではありません。

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME