メニュー

ファイバー

当院では、診断の中心にファイバーを活用し、重視しています。ファイバーとは胃カメラと同じようなもので、かなり細くてクネクネと動きます。主に鼻から挿入し、鼻の中や、のどの状態をのぞけます。

  • 喉頭ファイバー:4mmの細いのがメイン、4~5本
  • 異物用ファイバー:少し太い、1本。ファイバーでのどの奥の魚骨などをとる。
  • 電子スコープ:声帯の動画がきれいにとれる。嗄声がでてきた人には、声帯の状態を録画しておみせできます。
  •  ファイバー洗浄機:これがあることで速やかに洗浄・消毒できます。

副鼻腔炎の診断をレントゲンでしているところも多いのですが、これだと病気が治っていてもレントゲンに影が残ることが多く、症状がないのによくなったと言われないことが多くなります。鼻の中をファイバーで覗くほうが、今の状態、治り具合、そして慢性化する可能性なども適切に判断できます。このため、ファイバーでの診断のほうがすぐれていると思います。

ファイバーで分かる病気

声帯の病気、声帯ポリープ、反回神経麻痺、仮性クループ、喉頭がん

食道の病気

逆流性食道炎、食道真菌症

咽頭~喉頭の病気

下咽頭がん、喉頭異物、舌根肥大、アデノイド肥大症、上咽頭がん、急性喉頭蓋炎、喉頭異物、仮性クループ

鼻の病気

副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、鼻中隔湾曲症、鼻ポリープ

 

 

ファイバーの写真

ファイバーの写真

洗浄機

洗浄機

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME